格安で葬式を営む!各業者を比較しました!

home > 葬式をするなら葬儀社比較 > 葬式を格安に済ませるにはいくらかの方法が

葬式を格安に済ませるにはいくらかの方法が

葬式を格安に済ませるにはいくらかの方法が存在しています。
まず最初は葬儀業者を生きてる前から決めておくこととなります。
その葬儀業者はお住まいの地域の近くに何社が存在していまして、先祖代々からもし同じ業者を利用しているのであれば、そこの業者のホームページなどから無料会員登録などして済ませるやり方があります。
というのはもしその業者のホームページで無料会員登録などをする項目があったとするならば、登録することでプランの費用が約5万円前後くらい安くすることができるからです。
次なるやり方はプランそのものを安いのに決めてしまうこととなります。
葬儀業者のプランにはいろんなのがありまして、一般葬、家族葬ともにランク付けされています。
ランクがあがるごとに祭壇の棺桶や周辺の飾り物などが豪華になりますが、最も安い簡素なのにしてしまうことで安く抑えることができます。


さらに安く抑えるやり方としては、葬儀業者の中でもっとも簡素な直葬たるプランを利用するやり方もあります。
この直葬は一部の葬儀業者のプランしか存在をしていませんが、一般葬や家族葬や一日葬と違ってお寺さんを利用しない、つまり儀式をしないでいきなり火葬場へ直行してしまうプランとなります。
また祭壇自体もサービス自体も家族葬よりもはるかに簡素に出来上がっています。
そのサービスの簡素化でいえば、例えば司会者がいないとか、死亡届を出すために自分で市役所へ行かなければならないとか、花輪とか供え物がまったくないなどとなります。
これだとプランの費用は業者によっては約20万円前後となり、メジャーな一般葬や家族葬のプランよりも約30万円そこらくらい安くすることができる場合があります。
ただしあまりにも簡素なプランなために、故人の同意を得るとか、周囲の近親者の怒りを買うなどしないような配慮が欠かせなくなります。


他に安く抑えるやり方としては、葬儀のプラン以外の在り方を模索することとなります。
葬儀のプラン以外で安く済ませられるやり方としては、やはり近親者の意見の同意が欠かせません。
その同意を得られるならば、例えば血縁関係の薄い親族の出席を遠慮してもらい、血縁関係の濃い親族だけで密葬で済ませてしまうとか、また香典を受け取らない代わりに提供する料理や返礼品の金額や量や質を削減するやり方もあります。
というのは参列者の数を絞れば料理代も1人あたり数千円程度少なくすることができるからです。
また告別式でのお坊さんの数を3人や2人なところ1人にするとか、戒名の文字数を削るとかなどもあります。
故人に対しては死後の名前として戒名というのがありますが、これは文字数が多いほど金額も高くなります。
かつての戒名の文字数は約5文字程度だったところ、戦後の好景気な時代が続くうち、世間体を気にして文字数が増えて9文字くらいになる傾向となっています。
しかしこれをあえて世間体を気にしないで、かつての時代に戻すことで経費を5から10万円くらいを削減が可能となります。

カテゴリー